納豆が腸内環境を整えてくれる理由とそれに関わる3つの物質

納豆が腸内環境を整えてくれる理由とそれに関わる3つの物質

納豆という食品は、腸内環境を整えてくれる働きがあると見込まれています。
一般的にその食品は、オリゴ糖がクローズアップされる事が多いですね。納豆の中には多くのオリゴ糖が含まれているのですが、それは乳酸菌のエサになるのです。つまりヨーグルトの手助けをしてくれると考えられますので、腸内環境の為には納豆はとても優秀な食材と言えるでしょう。

 

納豆の中のマグネシウムが水分量を調節

 

しかし実は、納豆にはそれ以外の成分も多く含まれています。その1つがお腹の環境を整えてくれると言われているのです
マグネシウムですね。
マグネシウムという成分は、お腹の中で必要以上に水分が吸収されるのを防止してくれる役割があります。そもそもお腹の中であまり多くの水が吸収されてしまいますと、お通じが悪くなってしまう一面があるのです。ですので腸で吸収される水の量を、ちょっと調節してあげる必要があるのですね。マグネシウムはそれを上手く調節してくれると言われていますので、お通じも良くなる事が多い訳ですね
そして納豆の中にはそのマグネシウムが多く含まれていますので、お通じの改善が見込まれる訳です。しかも前述のようにオリゴ糖も含まれていますので、お腹の環境も良くなってくれるでしょう。

 

腸内環境を善玉寄りにしてくれるナットウキナーゼ

 

また納豆の中には、ナットウキナーゼと呼ばれる物質も含まれています。それはお腹の中の善玉菌に働きかけて、腸内環境を善玉優勢にすると見込まれているのです。ですので納豆を摂取すれば、お腹の中が善玉よりになってくれるでしょう。
オリゴ糖やマグネシウムやナットウキナーゼなど、納豆の中には非常に優秀な成分が多く含まれている訳ですね。ですのでお腹の調子を整えたいと考えているならば、納豆を意識するのがとても大切だと思う次第です。